不動産コンサルティング・快適なマンションライフを提案します

〒343-0838 埼玉県越谷市蒲生3-15-36

 TEL/FAX 048-989-5878
 mobil 090-4849-3390             
   住生活未来研究所                              マンション管理士・宅地建物取引士・FP技能士          土 屋 公 司

方針研究所方針

方針

管理組合員による運営を主体に将来に亘りマンション居住
 の在り方
を念頭に入れ、ベストな提案を致します

マンション管理適正化法による管理会社とのに委託
 契約の見直し、適正な管理費の執行をしているかチェ ック機能を果たします

形骸化された理事会、総会を見直し、長期修繕計画の策定・大規模修繕の時期、再生マンションまでの維持管理の見直しとコスト削減し、区分所有者自身の所来設計を見直した管理運営を目指します。

管理マンション管理適正化法による管理会社に委託契約の見 直し、適正な管理費の執行をしているか見直します

コミュニティー不足から生まれる、不協和、これでは 快適な暮らしは送れません。階数は違うも一つ屋根の 下に暮らしている住民同士、お互いが気持ちよく暮ら せるために、ベストな解決方法を提案します

長期滞納者を放っておくと、管理組合としての健全性が損なわれてしまいます。早めに納入させるべく手続きを進めないと多額になり管理組合自身では徴収不可能になります。弁護士に依頼する前に回収策を諮りましょう。



 

マンション再生事業

上階に住めば、景観も最高でしょうが、管理費、修繕積立金も高額になります。また、バブル期に建築された高経年マンションに居住する人は高年齢になり二つの高年齢と高経年が進んでいます。
                           
マンションデペロッパーは売ったら終わり、行政は、固定資産税が増えれば自分たちの給料は安泰。その様な考えで街を形成しています。10年後、20年後の将来の人口推移や経済状態を考慮しない結果が今現在顕著に現れてきています。(Q&A2018年3月を見て頂ければと思います。)当管理士は、将来と共生する街の形成、景観も考え、住民サイドに立ち、永続的な人の住まいのコンサルティングを目指しています。


バナースペース

住生活未来研究所

〒343-0838
埼玉県越谷市蒲生3-15-36

TEL     048-989-5878
mobil   090-4849-3390